ゼニカルは安全なのか

ゼニカルはテレビなどのメディアで取り上げられたことから、多くの人が知るところとなった肥満治療薬です。
肥満大国であるアメリカやヨーロッパなどで処方されている医薬品です。

日本では認可されていないので、医師による合法的な処方をしてもらうか、自分で個人輸入代行サイトなどを使用して購入することになります。
このゼニカルは、これまでのダイエットピルとは異なり、中枢神経に作用しない唯一の脂肪吸収阻害薬として知られています。
これまでダイエットに効果的に働く医薬品は、中枢神経に働きかけて脳にニセの満腹感を与えるというものでした。
満腹感を感じることで食欲が抑えられますが、精神的にも作用するので幻覚や睡眠障害といった副作用が起こりやすく、とても安全性のあるものとは言えなかったのがこれまでのダイエットピルです。
しかし、ゼニカルの有効成分であるオーリスタットは、脳や神経には作用せず、小腸に存在する酵素リパーゼに作用することで、腸管から脂肪が吸収されるのを防ぐことができます。
阻害される吸収量はおよそ30%、体内に吸収されるだけの大きさに分解されないことで、そのまま油分として体外に排出することができます。

また、オーリスタット自体も体内から排出されることから、継続して服用した際の肝機能への負担が少ないのもひとつの特徴です。
注意点として脂肪の吸収を阻害することから、脂溶性ビタミンも一緒に体外に排出されることで、一種のビタミン不足に陥ることがあります。
過剰に使用しなければ問題はありませんが、栄養が偏る可能性があるので、頻繁に服用する人はビタミン剤による補給が必要です。

このように比較的安全性は高いですが、ゼニカルの副作用によるリスクを理解した上で、体調管理を行いながら適切に服用することが重要となります。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧