お知らせ

ゼニカルは、スイスのバーゼルに本視野を構え、1896年に創業したエフ・ホフマン・ラ・ロシュが開発したオルリスタットを主成分とする脂肪吸収抑制剤です。
安全性の高さからアメリカ食品医薬品局にOTCの肥満症の治療薬や痩せることができる医薬品として承認されていますが、日本国内では治験及び製造承認申請中の医薬品です。

ゼニカルは、一般的なダイエットの様な食事制限や体質改善の為の毎日の運動、禁酒などの普段の生活習慣を変える必要性が無ありません。
食後1時間以内に服用するだけで簡単にダイエット効果が得られ、服用を継続する限りリバウンドする事無くダイエット効果を得る事が出来る夢の様な肥満症の治療薬です。

ゼニカルは肥満症の治療薬なので、ダイエットのストレスによるホルモンバランスの乱れや過度の食事制限による栄養バランスの乱れがありません。
肌荒れや吹き出物、全身の倦怠感など身体の不調を感じる事無く健康的にダイエットする事が出来る肥満症の治療薬です。
現在では、肥満症の治療薬としてだけでは無く、服用するだけで高血圧や高コレステロール血症、高血糖値などの病態の改善と緩和にも有効性が認められ、高血圧症や糖尿病などの生活習慣病の予防治療にも処方されています。

ゼニカルの作用機序は、食物に含まれる脂肪の大部分を占めるトリグリセリドをジグリセリド経てモノグリセリドや遊離脂肪酸に加水分解する消化酵素リパーゼと結びつきリパーゼの作用を阻害します。
そうして、摂取した脂肪の吸収を約30%抑制するダイエット効果を示すのです。
又、ゼニカルは、医薬成分を3日~5日程度で排泄するので体内への蓄積の恐れも無く、重い副作用やアレルギーなどの発症リスクが低い安全安心な医薬品です。

記事一覧
皿の上にある黄色のカプセル

20代くらいまでは基礎代謝量も高くてエネルギーが燃焼されやすいので、少しくらい食べ過ぎたりしても急激...

ケーキの皿を持つ女性

女性はいつもダイエットを気にしますが、生理中はあまりダイエットは気にしないほうがいいです。 そしてデ...

ドーナツの皿を持つ女性

油との戦いだったら、ゼニカルの痩せ薬が効率的に働いてくれます。 もしもダイエットがうまくいかないのが...

ダイエット中なのに、ケーキを食べたい女性

油メニューにはゼニカルがいいですが、ダイエットで小顔を目指すなら、顔のマッサージやエクササイズです。...

結婚式やパーティーなどおしゃれをして出席しなければいけないイベントの前や、水着を着る機会がある旅行の...

洋食などの油料理を思う存分食べたいならば、ゼニカルを飲むダイエットもいいでしょう。 内側からのキレイ...

ゼニカルを使用する時に注意する事は、食後1時間以内に服用する事と便意のセルフコントロール、脂溶性ビタ...

ゼニカルはテレビなどのメディアで取り上げられたことから、多くの人が知るところとなった肥満治療薬です。...